体調を崩さない働き方をしよう

動く作業が多い仕事に限らず、デスクワークにでも体力は必要です。もちろん動く作業が多くなれば、それだけ体力を消耗します。デスクワークは動く作業は少ないですが、座り仕事が多くなります。座り仕事といっても、業務に集中すれば脳のエネルギーを使うため同時に体力も消耗します。このように、仕事の環境や内容に違いはありますが、体力を消耗することは共通しています。これは、労働の対価として給料を受け取っているため、当たり前のことです。

日々の体力の消耗をきちんと癒やすためには、生活リズムが崩れない勤務時間を設定することが重要です。例えばアルバイトで働く場合に、勤務する時間が長くなったことによって、疲れが溜まったり、疲れが取れなかったりという場合は、サイクルが適切ではないことを身体が証明しています。そういった時は勤務する時間を減らしたり、休日を増やすことによって、疲れを感じることがない健全な状態に戻すことができます。

逆に勤務時間が短く、疲れが溜まったり疲労が取れないなど、不調を感じない場合は現状維持でアルバイトを行ったり、もう少し長く働いたりといった選択をするといいでしょう。特に注意したいのは、深夜帯に勤務する場合です。深夜帯の勤務は、これまで睡眠に充てていた時間にアルバイトをするということなので、身体が慣れるまでにリズムが崩れてしまうでしょう。深夜帯勤務も最初は眠気や疲れを感じやすいため、無理はせず徐々に慣らしていくことが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です